ブログネタ
澳門 に参加中!
マカオの通りの名前は全て「アズレージョ」と言われる飾りタイルに表示され、通りの程良い高さの壁に掲げられる。

行き来したり、何かをした「思い出」はカメラでは記録できないので、マカオでは代わりにこのアズレージョの写真を撮っている。


最初に「ネタばれ」しておくと、この通りは新馬路沿い中心部、民政総署近辺の、行き止まりの今は実際には使われていないわき道だが、名前から察すると、当初は広場のような場所ながら、マカオ中心部の土地開発によって日の目の見ない場所になってしまったのだろう。

幅1メートルに満たないほどの通りの3メートル程の高さにこのアズレージョは掲げられ、脚立でもなければまともな写真など撮れない。

なので、出来上がった写真は上下に拉げたような物。

DSC_0517DSC_0516








売るための写真はレタッチなどは基本的に出来ないのだが、ブログ用にと久々にレタッチ・ソフトを使って遠近補正した。

最近は画素数もデカクなって来て、レタッチも時間がかかるなぁ。w



まぁ、根本的にこんなマカオの小道を行き来する人など皆無だろうけどね。