ブログネタ
世界の安宿で に参加中!
ベトナムのランソンに宿泊した宿は数日前に紹介したが、実際にランソンに滞在し、街の様相も分かってくると「本来僕が宿泊すべき場所」も分かった。

DSC_0106








(多分に)街の中心部と思われる「市場」東側に、安宿の密集地帯があり、「ベトナムの賓館街」と名づけたいほど。

店先には「アオ・ババ」を纏った妙齢のお嬢様方が数人「客待ち」している状態。

そんな宿が数件密集している通りがある。

そこで何をしたわけでは無いけれど、「次回は真っ先にこの通りに直行しよう!」と心に決めた事は確かだ。


そんな「紆余曲折」を経て、人は桃源郷とかシャングリラとかに行き着くのかなと。w