ブログネタ
澳門 に参加中!
マカオでは、タクシーにも乗るしバスにも良く乗る。

さすがに、中心部の渋滞や、路地裏の狭い道に人々が行き交う中を、バイクで走りたいとも思わないし、自転車は.......

十数年前までは、「八角亭」の向かいあたりに「FLYING HORSE BICYCLE RENTAL」と言う店があったが、今現在半島部の中心部には、自転車のレンタル屋は無いはず。



まぁ、それ以上にマカオでは良く歩く。

マカオの都市伝説で、半島部に「1234通り」あると言われるマカオの路地それぞれに、それぞれの魅力があり、どこをそぞろ歩こうが「被写体」として成り立ってしまう。


DSC_0304










「紅窓門街」は、マカオ中心部裏手から内港エリアに抜ける、在りし日の遊郭街であり、現在のマカオにおいての「路地裏散策」のメッカでもある「福隆新街」の門前通りでもある。


この通りを南下すると、このブログに頻繁に登場する「下環街」に抜ける、中心部と下町のバイパスでもある。


理由はどうでもいい。

マカオに来たなら、地図も持たずに路地裏を迷ってみてほしい。

迷ってどこに行こうが、タクシーを拾えば半島内なら15分でどこにでも帰れる。




マカオは狭いけど「深い」ぞ。