ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
この間、中国は広西の「憑祥」では、やたら乗り換えたり、両替出来る所を探し回ったり、買い物しまくったり、そのために移動したり、したり。

多くの人民と接する機会も多く、必然多くの「可愛」人民との「第一次接近遭遇」も多かった。


って言うか、こうして気に入った人民の画像を羅列して見ると、「俺は制服マニアなのか?」と、自問自答してしまう。


SBCA0270










ベトナムとの陸路国境の管理官とか(すいません。 隠し撮りなのでブレまくっています。)、

DSC02108








日本円から中国元に両替できる場所を聞きに入った、名も覚えていない賓館のスタッフとか、

DSC02113








その「日本円から中国元に両替できる」憑祥唯一の銀行である、中国銀行憑祥支店のとんでもなく「大波」な服務員とか。


憑祥の思い出は、少数民族とか少数民族と漢民族の混血とか、その長年の歴史の末だとか、その結果の「漂亮」な人民が多かった事だ。