ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
最近は、ホンコンに出向いても、特に行きたいところも無く(東京にいるのと差ほど変わらない)、食べたい物も無く(いまや大抵の料理は都内や横浜あたりで食べれる)、したい事も無い(何するにしても高くつくんだよね。東京か、それ以上)。

img076img077










と言うわけで、ホンコンでの昼飯は、結構な確率で「吉野家」に向かってしまう。

日本の吉野家は、最近こそ女子高校生や主婦の2〜3人組が食べていたり、郊外店はテーブル席もあるためか、休日などは家族ずれで牛丼をほおばっているのを見かけるが、僕が若い頃はU字テーブルを囲んだむさ苦しい(ガテン系の)男たちが、殺伐と牛丼をかきこむ風景がデフォだったものだ。


ホンコンの吉野家は「ファースト・フード」であるのは日本と同じなのだが、店の造りが「ファミ・レス」とか「カフェ」のようで、メニューもそんな店の造りに合わせたかのように、独自展開している。

画像は「メイン・ディッシュ」のみだが、それでもこんなに種類があるのに驚くが、これ以外にも時間によって「米粉」や「うどん」、さらには「出前一丁(ホンコン・マカオでは普通にお店のメニューにある)」まで網羅している。

また時期によっては「しゃぶしゃぶ」もあったりと、牛丼屋からかけ離れて行っている。

それでも、食べなれた味に対しての期待は裏切らないのでまた行ってしまうだろうなぁ。


ちなみに、丼物はリクエストしなくても「つゆだく」がホンコンではデフォルトです。w