ブログネタ
澳門 に参加中!
SBCA0333










マカオで市バス(トランス・マック)に乗っている時に見かけた、地元の市井の少女。

マカオは500年近くポルトガルの関係があり、その結果、マカオ生まれの地元華人との混血ポルトガル人と言う存在があり、彼らをマカエンセ(マカエンサ)と呼ぶ。

必然で95%以上の人口比で、事実上マカオのメジャーである華人との混血は特殊ではなく、時にびっくりするほどきれいな子が市井の中で、普通に広東語を喋っていたるする。


ホンコンも同じだって?

馬鹿いうなよ。

同じキリスト教でも、カトリックとプロテスタントの殖民方法が歴然と違うし、それぞれが宗主国の影響下にあった年月の長さも違う。


まぁ、だからと言って、どちらが偉いとか優れているとか、そんな話ではないのだが。



まぁ、どちらにせよ街中で綺麗な子をたくさん見れるのは良いことなんだけれどね。