ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
ここ近年、中国本土でも「個人情報保護」の観念が浸透しつつあり、小姐や犯罪者、マフィアなど簡単に写真が撮れなくなって来ている。

個人が特定できる写真を、自分の「作品」としてや商業目的に使用する場合には「モデル・リリース」と言う許可を取らなければならない。

それは、海外の人々に関しても同じ事だが、日本語で書かれたこのブログに、自分の画像が付いているのを見て、それが何を記しているのか理解できる他民族と言うのはそれ程存在しないのか、あまり問題視されていないが。


そんなわけで、引き続き小姐たちの写真は撮ってはいるが、同時に「旅先の街中の市井の人々」も撮っている。


SBCA0218










そんな「普通の人々」中国版。

「人民」だな。


ここ近年は、ネットの蔓延によって、中国の片田舎でも東京や香港、台北、ソウルなどの画像入り情報が、いとも簡単に手に入るせいなのか、ファッションの画一化も否めなく、大陸の「人民」なのか香港人なのか、もしくは日本人なのか、街中では判断しにくくなっている。

でも、この場所は本土行きのバス・ターミナル@香港国際空港。




「人民」だろうな。

下品なんだもん。w


可愛いんだけどね。w