ブログネタ
澳門 に参加中!
超級市場マカオで行き付けの料理屋は「大興麺家」なのはごぞんじ。

僕が連日訪れる日々は、この場所でも「ポルトガル・ワイン」が用意されていることもあるが、デフォルトではメニューに無い。

「海珠」や「青島」「サンミゲル」などのビールでも妥協できるのだが、せっかくマカオにいるのなら(格安で呑める)「マテウス」を呑みたい。

必然的にB.Y.O(Bring Your Own{持ち込み})と言う事になり、近場の「超級市場(個人経営)」と呑み場を行き来することになる。

大興麺家近辺には、はす向かいに「雀仔園街市」があるが、僕が訪れる頃にはすっかり閉場していて、実際にこの市場で買い物をしたことは無い。

夜の11時過ぎに開いている店と言えばこの画像の「超級市場」しかない。

(雀仔園街市裏手に、もっと大きな超級市場もあるが、如何せん10時までしか営業していない。)

マカオ滞在中の夜半、僕は何度この店を訪れるのだろう。

マテウスを買うため、タバコを買うため、小姐達への差し入れ代わりに果物を買うため。

宿に帰りがてら、「明日も来るからマテウス2本ほど冷やしといて」とリクエストしてから帰るのがマカオで酔っ払った時の常だ。

以前は妙齢のオネーさんが働いていて、酔っ払ったついでにからかったり、じゃれあったりした物だが、最近はフィリピン人のオバサンがシフトに入っていることがほとんどで、意思の疎通は以前より楽になったが(僕、広東語カタコトなので)、色気が無くて残念このうえない。

それでも小さい店ながら「水坑尾」にあるイレブンよりも値段が安く、品揃えもいいので、ついつい通ってしまう。

まぁ、行きつけてるので、商品の場所を熟知しているからでもあるのだが。

ちなみに陳列は「ドン・キホーテ」のような「圧縮陳列」で、一見さんは目的の物を見つけ出すまで結構な時間を要するので、お急ぎでしたらスタッフにお聞きください。w