ブログネタ
澳門 に参加中!
b48b7c65.JPGマカオの下町である「下環街」にあるとある通り。

その通りの名前さえも記憶に無いが、決して「街市(市場)」に近いわけではなく、ただの住宅街の一角だ。

マカオの通りのそのほとんどは「ショップ・ハウス」と言う商店の連続で成り立っていて、その通りに「露店」を出店すると言う事は、通りの両側に2重に店が連なっている状態だ。

それは香港の「廟街」にある「ナイト・マーケット」のように「観光地化」された物ではなく、ただ単に「自然発生的」な必然で成り立っている物だ。

朝も早くから、飯屋や八百屋・果物屋はもとより、電器屋や写真屋・洋服屋さえも商売に勤しんでいる。


街中が「ショッピング・モール」と化しているかのようだ。


僕はこの街が大好きだ。

朝早くの風景が一番好きで、通勤や通学するローカルがこの風景の中にいる時間が一番だ。


それは、朝の3〜4時頃まで呑んだくれている身とは、本来はクロス・オーバーしないが、それでもこの街の早朝の風景が見たくて、睡眠そっちのけで街中に繰り出す。

そのついでに朝飯を摂り、定宿に帰って、また寝れば良いだけだから。