ブログネタ
マカオ潜入記 に参加中!
97458f2a.JPG以前は、この僕でさえ予約の電話を事前に入れなくては、部屋を確保するのが困難だったマカオの定宿が「空き部屋」だらけになっている。

結論から言うと、中国本土政府が、香港・マカオ出境に対していろいろな制限をしているからだ。

その大きな理由は、カジノ絡みで、かつ政治色の強いバック・グラウンドのせいだが、その余波で、年間の経済成長率25%などと言われたマカオの経済も、今や沈滞ムード一色だ。

僕のマカオの定宿もその例に漏れず、以前は「賓館小姐」たちの営業用のみで、それ以外の宿泊客が泊まれないほどの稼働率を誇っていたものだが、ここ最近は空き部屋が目立つほどだ。

要はもっと手っ取り早く稼げる「職種」にシフトしているのかと感じた。

世界的な「経済不況」は、「金銭至上主義」のマカオには、いち早く影響があるのかと。


何と無くではあるが、小姐の数も、少しながら減ったように感じるし、その質も以前より落ちたように感じた。

それでももう少し、この宿にはこだわって見たいと思います。