ブログネタ
マカオ旅行 に参加中!
a8650ef3.JPG今迄の自分の「短いながらの」人生に於いて、「いたした」女性は三桁(四捨五入するなら四桁に為るほど)だろう。

外見的には「ガリガリ」もいたし「激ポチャ」もいた。

ことパーツに限れば、「豪」もいたし「無」もいた。

「巨」もいれば「貧」も存在した。

これらは総て「視覚」の話だが、「臭覚」に関しては「〜が」と言う人に出会っていない。

いわゆる「わき〜」とか「まん〜」の話だ。


フィールド・ワーク先が「アジア」がそのほとんどの事が多いせいか、統計学的に出会いそうな物だが、ラッキーなのか今迄出逢っていない。


僕自身も疑問だったし、むしろ「出逢ってみたい」願望の様な物が目覚め今に至る。


僕の情報確定元であるWIKIPEDIAでは、(要・出典ながら)「腋臭症」についてこんな記述がある。

「腋臭症体質者の割合は日本人では10人に1人。中国人では30人に1人。白人では10人に8人。黒人では10人全てとされる。」と言うくだりだ。


今迄出逢って「クロス・トゥギャザー」した人数は、日本人・中国人に至っては、優に記述の何十倍もだが、逆確率からすると100%だ。


そうなると、むしろ出逢ってみたいものだなぁ。

(ちなみに「クロス・トゥギャザー」した黒人は今迄一人だけだが、その「体臭」は、前述のWIKIPEDIAどうりだった。)
(それはむしろ、ストレートに100%。w)


(またまたちなみにガゾーはイメージです。)