ブログネタ
シンガポール に参加中!
醸豆腐見てくれだけは「健全」な、ディズニー・ランドの様な「ガーデン・シティー」を標榜する国家であるシンガポール。

実際にはリトル・インディアの路地裏にはインド系シンガポーリアンのための様々な施設があったり、マレー・インドネシアン系の溜まり場であるゲイランは、その道では知らぬ人はいない。

それ以外にも、フィリピン系の溜まり場である某ビルでは、援交が暗黙の了解のように行われ、似たようなタイ系コミュニティーも存在するのは有名な話だ。

インド系住民は、全人口の上では少数派ながら、民族の違いによる「ヒエラルキー」が「カースト」のように社会に浸透していて、他民族への「排他主義」は確固として存在する。

そんな緊張感のある国家には、必然旨い飯があるのは当たり前で、「焼きそば批評会」の会長としては、「MAYO ST.」にあるホーカーズの「MAYO RESTAURANT」(中国語表記が思い出せない)で供される「海鮮焼きそば」が最強と記しておきたい。

それ以外にも、有名どころとすれば、「フィッシュ・ヘッド・カレー」とか(以上に値段が高い)、ペーパー・チキンとか(食べ辛い)、サテーとか(本来はマレーシアの料理)、旨々な料理が多い。


そんな中でも(今回はカレーの話題ではないですよ。確かにシンガのカレーは南インドの様に、定食屋で「ターリー」を注文すると、食べ放題で旨々のカレーが食べれるのだが。)、「醸豆腐(ニャンダオフーって言えば良いのかな)」は未だ知られざる「シンガ・グルメ」の一つだ。

一言で言えば「おでん」なのだが、チキンの出汁で海鮮の練り物(日本のおでんの具とほぼ同じ)を煮込み、お好みで麺やらライスやらをぶち込む荒業の料理だ。

味的には、池袋「大勝軒」のらーめんに、関西のおでん(関東煮)をトッピングしたかのような味わいと言えば、分かるような、分からないような。


赤道直下のシンガポールの真昼間の体感温度は洒落にならないが、「市場」として有名な「ズジャオ・センター」は同じビル内に「ホーカー・センター」も同設し、「ランチ」の選択の一つだ。

そんな(冷房も十分に利く筈も無い)半外造りの建物の中で、汗をダラダラかきながら「TIGER・BEER」を2本ほど胃に流し込んでから食する「醸豆腐」の何と旨い事か。


総てがシステマティックなシンガポールにあって、「ゆるい」のは此処だけではないが、「旨い昼飯の選択肢」と問われるなら、胸を張って此処を推薦するでしょう。

(あとMAYO RESTAURANT。 しつこいよね!)

醸豆腐