ブログネタ
中国 に参加中!
8f877ba2.jpgここ最近「G-DIARY」の影響なのか何なのか、「珠海 風俗」とか「珠海 夜遊び」とかのキーワードで訪れる人が多い。

以前も書いたのだが、珠海はマカオ滞在中、一日に必ず一度は訪れるので、風俗情報も無いわけでは無いのだが、画像ありきで書き込んでいるため、その「画像」が記事について来ないのだ。

要は「小姐のレベル」が低いのだ。

珠海に数多ある「髪廊」には、訪れるたびにお世話になるので、拱北・湾仔・吉大・香洲の大体の髪廊エリアは熟知しているが、按摩のアフターでお世話になることはあっても、見た目「ストライク」な小姐に出合ったことが無いのが現状だ。

このブログの記事の中で、「ボール球」とか「大暴投」とか書いていながらも、結構そんな球も振ってきたのだ。

そんな程度なので、珠海は僕にとっては「画像的に」鬼門だ。

最近の髪廊のシステムも、初心者にはビビリ物で、以前は按摩を頼むと、店内の奥や、上の階にある按摩部屋(?)の様な場所で施術してくれたのだが、ここ最近はいきなり店から離れた場所にある「按摩用(いたす用)」のアパートの一室の様な場所に連れて行かれるのである。

僕にとっては勝手知ったる物だが、初めて髪廊に来て、いきなりどこかに連れて行かれるのは、「拉致られるのでは」と勘ぐったりすること請け合いなのだ。

連れて行かれた先には、本土中国の「リアルな」暮らしが垣間見えて、それはそれで面白いのだが。

それでも按摩のみなら、一時間20元(¥300)ほどなので、異様に股間を按摩されても、按摩のみで断れば良いことだし、「いたした」ところで100〜200元(¥1500〜¥3000)なので話のネタにはそれほど高い値段ではない。


当たり外れはあるだろうが、按摩もそこそこ上手く、まぁ下手でも一時間¥300なら文句の付けようも無いけどね。w