ブログネタ
マカオ旅行 に参加中!
2039e272.JPGコロニアル調とか、旧植民地風とか、上から目線で大嫌いな言葉だが、実際にその場所に立ってみると、それを統治した側も、楽な暮らしではなかったことが伺える。

虐めか何かのように、現在は統治した側の建物こそが蔑ろにされている。


歴史は絶えず、「勝者」側で書かれた物が正当化され、「敗者」側の歴史は往々に葬り去られるか無視される。

何百年後に日の目を見る歴史も有るし、その逆もまた然りだ。



マカオはそんな繰り返しを500年近くも続けている。

今も。