相互リンクしながら、将来のコラボレーションを画策するべきJ・HIP-HOP界の隠し玉、「チャック」の代表曲です。

本来は僕自身の音楽紹介ブログである「ALTERNATIVE LOVERS OF THE WORLD UNITE」で書き込むべきなのだろうが、ぜひ多くの人達に知ってもらいたいので記事にします。(音楽紹介ブログでも、違う内容で記事にしたいと思っています。もちろん!)

映像は本より、リリックに注意深く耳を傾けてほしい。

今現在日本を席巻している日本語ラップの主流は、ファンキー・モンキー・ベイビーズやKREVA、SEAMOに見られる「ハッピー」系、もしくは「のほほん」系だ。

日本語ラップが大衆化していくためには、「歌謡曲」化していくことは命題で王道であるが、HIP-HOPやラップが派生してきたその道筋には、「叫び」とか「嘆き」のような黒人特有の「絶望的な現状」があったはずだ。

訴えるべき「テーマ」が絶えずあるべきだし、それがラップの存在意義だと常々思っている。


そんなことを考えながら聴く「チャック」のリリックは、「ブルース・ラップ」と名づけたいほどだ。








「カタカナ4文字,チャック OFFICIAL BLOG」 http://ameblo.jp/chakku/