8c7ee921.jpgジーパンなどの古着の買い付けを南カリフォルニアの街々でしていた頃、観光気分を払拭するためなのか、なぜか一枚も写真を撮らなかった。

今思えば普通の観光客が訪れられないような所も数多く、写真を撮らなかったことを少し後悔している。

ここ近年、若い連中と旅することがあると、口をすっぱくして「写真は多過ぎるほど撮っておけ」と連呼している。

それは自分の若い頃に対しての自戒の念もあるのだろうが。


今まで訪れた街で、写真を撮らなかった事を一番後悔しているのは、アメリカの南カリフォルニアにある小さな街で「レイク・エルシノア」だろう。

小さな湖の片隅に広がる、こじんまりとした街で、アウトレット・モールがあることでちょっとは知られているが、その周辺の景色や町並みは紹介されることがほとんど無い。

町並みは典型的なアメリカの郊外都市の様相だが、街がある側の湖畔の逆側には湖に沿って小高い丘が連なり、その上から見下ろす景色はなんともいえないほどの風情があった。

そんな風景を脳内メモリーで楽しんでいたが、ある日何の気なしに「GOOGLE EARTH」をいじっていたら、その風景がアップ・ロードされていて、10年ほど昔にタイム・スリップしたかのような気分になった。


これで僕の若き日に対しての後悔も少しは和らいだ気分になった。

便利な時代になったものだ。

(と言うわけで、今日の写真は僕が撮ったものではありません。GOOGLE EARTHからの引用です。)