5bca0dc2.jpg「澳門內港碼頭の移転についての詳細」と言うへき氏のむちゃぶりに答えたいのですが、ここ最近国内(それも極寒の豪雪の北日本ばかり)での仕事ばかりなので、いくら「日本人唯一のマカオ内港の主(自称)w」と言われる僕でも、寝耳にミミズでした。

移転先が11A碼頭と言う事は、以前サンパン用の出入港の口岸(イミグレ)が在った所ではないでしょうか。

第三国人には開かれていないイミグレで、珠海・湾仔からの農作物を積んだ小船が行き来する港でしたから。


と言ってネタ無しで締めくくるのもしゃくなので、ネタ・バレをひとつ。

ワンダやネット上のマカオ・コミュニティーでよく引き合いに出される「澳門日報」。

澳門のアップ・デートな情報源として重宝されているが、僕個人は北京よりなマカオの現政権につぶてを投げ続ける華僑報(VA KIO)の情報に澳門日報以上の信頼を置いている。

発行部数は絶対的に澳門日報の独壇場だが、北京よりのマカオ政庁べったりの記事ばかりが紙面を覆う澳門日報に対して、「反共」を掲げた華僑報は僕自身の「立ち位置」が近い気がしているからだ。


それにしても「百聞は一軒にしかず」なので、時間ができ次第自分の目で確かめたいと思います。 (その前に誰かがレポートをWONDERINGALに載せそうですが。)


(ちなみに明日から半月ほど函館入りです。 ネット環境は申し分ないのですが、ハードな仕事の合間を縫って更新できるか微妙なところですので、ご理解ください。w)

業務連絡:へき氏へ。
      ネタ詰まりも往々にしてあるので、無茶振りも歓迎です。w