ブログネタ
アメリカ に参加中!
c998cb04.jpg前記事の続きで、もう一丁ニュー・ヨークネタを。

留学中のとある年末・年始をニュー・ヨークで過ごしたことがある。

当時フィラデルフィア市民であった僕にとっては、物見遊山な日々だったが、目の前で起こる数々のハプニングに、田舎者が都会に出てきたかのような衝撃を受けたものだった。

宿代の高さや、ロックフェラー・センターのもみの木のでかさと華麗さ、人種の種類の多さや(それ以前に人の多さ)、飯の不味さなどなど。

大晦日から元旦の早朝にかけて、ニュー・ヨークの目抜き通りでは「白バイ」が何十台も列を成してパトロールする「パトロール・パレード」が行われる。

その見物客を狙って引ったくりが行われ、パレードをしていた白バイ全員が連隊を崩して、逃げる犯人を追いかけるのを目の当たりにした事がある。

もちろん捕まるよね。 多勢に無勢だもん。


その時撮った写真がこれ。

原版は夜中の1時頃に撮ったもんだから、真っ暗で、何がなんだか分からなかったのだが、レタッチ・ソフトでいじったら、見れる写真になりました。

今更ながらですが記事にしますと

「コイワカメラ(ニュー・ヨーク)」1988年1月1日、パトロール・パレードが行われている、傍らで引ったくり強盗が発生し、パレード中の20台あまりの「白バイ」が逃げる犯人を追いかけ、ものの数分で捕縛にいたり、事件は急解決となった。

ニュー・ヨーク中心部では、タイムズ・スクエアで行われた「カウント・ダウン」に参加した数万の市民・観光客が、イベント終了後市内各所に帰る最中に事件は起こり、一時騒然とした雰囲気に包まれた。

年が明けてすぐの事件なだけに、イベント気分覚めやらない中で、この事件も街行く人たちには、イベントの一部にしかとらわれられない、まさに「ニュー・ヨーク」を地で行く出来事だった。


こんなもんでどうでしょう。